バイナリーオプション比較【初心者必見情報】
ハイローオーストラリア

国内と海外のバイナリーオプション違いとは

バイナリーオプションとは国内と海外2種類があります。
今回は国内のバイナリーオプションについて説明します。
海外バイナリーオプションも勿論ですが、
最近国内のバイナリーオプションの人気も上昇中です!
国内と海外の違いはなにがあるんでしょうか。
まずはそれぞれの特徴についてお話します。

バイナリーオプション国内

国内バイナリーオプション

国内バイナリーオプションが取り扱っているのは外貨を対象にしているものがほとんどです。
国内のバイナリーオプションは規制がある為、二者択一を利用することが出来ません。
なので【ラダーオプション】を扱っている業者がほとんどです。
国内のバイナリーオプションは海外バイナリーオプションとは違い、
信託保全でお金を管理されているので心置きなく取引ができます。
また、国内バイナリーオプションでは口座を開設する時に、
本人確認ができる書類を業者側に提出しなければいけません。
そして、【知識確認テスト】というバイナリーオプションのことを
どのくらい知っているのか調べるテストを受けます。
合格した人のみが口座開設をすることが出来るのです。

海外バイナリーオプション

海外バイナリーオプションの場合、国内とは違い、取引の対象が豊富なのが魅力です。
取引方法に関しても、規制のある国内バイナリーオプションよりも自由に取引をすることが出来ます。
問題点を挙げるとすれば、海外という事もあり、安心感というものは
利用してみないとわかりませんね。
海外バイナリーオプションも安心と言われていますが、
不安が残る人は国内での取引をおすすめします。

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションは異なるところがあります。
1つずつ紹介していきます。

国内・海外バイナリーオプションの異なる点

バイナリーオプション国内比較

ٽ国内の方が手数料が安い

まずは、国内の場合海外に比べて、手数料が安いです。
国内の場合、手数料が0円という業者もあります。
しかし海外では手数料が必要になる業者もあるので、利用する際は注意して下さい。

ٽ最低取引単価が海外より小さい

次は最低取引単価についてです。
国内バイナリーオプションは海外バイナリーオプションよりも最低取引単価が低くなっています。
50円から利用可能の業者も存在するほどです。
初めてバイナリーオプションを利用する人にとっては嬉しい情報です!

このように国内と海外では異なる点が多く存在します。
海外を利用するのは不安という人は国内業者を利用することをおすすめします。
それぞれに、メリット・デメリットは存在するので、バイナリーオプションを
利用しようと考えている人はよく考えた上で取引をしましょう。

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ