バイナリーオプション比較【初心者必見情報】
ハイローオーストラリア

バイナリーオプションのローソク足の重要性

バイナリーオプションの解説や、書籍の中では、
よく専門用語と言われるようなものが活用されています。
その中でも非常に基本的な用語が、「ローソク足」になります。
このローソク足が何を意味しているのかを理解していないと、
バイナリーオプションで利益を出していくのは非常に困難になってしまうと言えるでしょう。
正しい取引をするために知っておくべき知識となります。

それでは、このローソク足とはどのようなものなのかを具体的に説明していきます。
バイナリーオプションでは上昇トレンドをしっかりと見極めていくことが非常に重要であると言えます。
この見極めの際に、ローソク足が非常に役立っていくのです。
ローソク足は簡単に言ってしまうと、プラスの陽線、マイナスの陰線があることになります。
陽線というのは価格が上がったことを意味し、
そして陰線というのは価格が下がったことを意味していきます。

バイナリーオプションでは常に陽線、常に陰線であるということは少なく、
傭船と陰線を繰返しながら、取引が進んでいくことになると言えます。

ローソク足を見ていく時に、もう1つ重要な要素があります。
それは、時間を決めて見ていくこと、先ほど、バイナリーオプションでは
陽線と陰線が繰返されるということを表記しましたが、
時間に区切りをつけて、傾向を見ていくことで、
どちらの傾向が強いのかを判別することができる場合もあります。

バイナリーオプションのローソク足

バイナリーオプションのローソク足を分足刻みで見ていこう

30分足(30分後との変化をローソク足として表示するチャートになります)で、
3時間限定で見ていくとどのようになるのか…というと、
30分足であるので、ローソクの本数は、6本見えることになります。

この6本の中で、一本だけしか陰線が無い場合、
このトレンドは非常に上昇傾向にあると言えるでしょう。
逆に、傭船が一本しかない場合には、下降傾向にあるということがすぐにわかってしまうのです。

長い時間で見れば、ローソクの本数が増えることになりますが、
また違った傾向を見つけることができる場合もあります。
短い場合も同様であると言えるでしょう。

このようなローソク足の分析というのは、
バイナリーオプションの初歩中の初歩であると言えます。
しかしだからこそ知っていないと何もできない、
傾向を大雑把に掴むこともできなくなってしまうのです。

仕組み自体は非常に簡単であるので、理解することはそれほど難しくはないでしょう。
しかし、仕組みを理解し、実際にチャートを眺めて、流れを読んでいく場合には、
慣れや訓練が必要になります。またローソク足を知ったからと言って、
勝率が劇的に上がるということはないでしょう。
勝率を上げられる可能性はありますが、
絶対勝てるということにはならないので、そのあたりの注意は必要になるでしょう。

バイナリーオプションのローソク足の実践

バイナリーオプションのローソク足のまとめ

ローソク足について簡単に説明をしてきましたが、
ローソク一本、二本に固執してしまうのではなく、幅広い視点を持って、
しっかりと流れを読んでいく、見ていくことが非常に重要になります。
一点だけを見て判断をしてしまえば、正確な判断、正しい判断にはつながらないと言えます。
ローソクは複数本、時間を決めて見ていくからこそ意味がある指標であると言えます。

ある一箇所の流れだけであると、
その陰線、陽線がどのような流れからきたものであるのか理解できず、
間違った判断をしてしまいがちです。
前後の流れを見ていくからこそ、
ローソク足の分析というのは意味を持ってくることになると言えます。
ここを間違えてしまわないように注意が必要になってきます。

サブコンテンツ