バイナリーオプション比較【初心者必見情報】
ハイローオーストラリア

バイナリーオプションで知っておくべき税金の事

バイナリーオプションの税金に関する情報

バイナリーオプションは利用した業者によって税金の区分が異なります。
国内業者を利用した場合には、申告分離課税という区分になります。
これは、確定申告によって納税するものであり、現在は所得税と住民税、
それに復興特別所得税を合わせて20.315%の税金を納める必要があります。

このように考えると、10万円の利益に対して税金が20%あまりということは、
税金が差し引かれて約8万円の利益分が手元にくるのです。
話題のNISA(少額投資非課税制度)には、バイナリーオプションで取引した分は含まれません。
上場株式や株式投資信託がNISAの対象となるのです。
ですから、バイナリーオプションは税金がかかるという認識を持っておくことが大切です。

バイナリーオプション国内の場合

国内業者でバイナリーオプションを行った場合には、
損失繰越が最大で3年間できることになっています。
つまり、3年以内に損益が出ている分を踏まえた利益に対して課税を行うため、
納める税金は確定申告で減らすことができるのです。
これに対して海外業者でバイナリーオプションを行ったときの税金の算出は、
国内業者とは異なります。税金の種類は雑所得となり、
課税方法も利益に対して課税率が決定するという特徴を持っています。

バイナリーオプション税金のシステム

バイナリーオプションの税金値段

給与所得に加えてバイナリーオプションで稼いだ金額を合わせ、
それに対して税率が決定するのが特徴です。195万円未満であれば5%、
195万円以上330万円未満であれば10%、330万円以上695万円未満であれば20%、
695万円以上900万円未満であれば23%、900万円以上1800万円未満であれば33%、
1800万円以上であれば40%の課税が成されるのです。

因みに、国内業者と違って、損失繰越ができないのが海外業者の特徴でもあります。
この様な違いが存在する為、バイナリーオプションは税金が付帯されるという事を知った上で、
税金対策を行うことが重要です。
節税によっても得られる利益は大きく異なります。
可能な限り負担の少ない方法で資産運用を行うのが、
これからの生活に対する負担も小さくしてくれるでしょう。

バイナリーオプションの税金で気をつけるべきこと

バイナリーオプションの税金に関する情報

バイナリーオプションの税金に関しては上記で説明しました。
バイナリーオプションの税金に関して気をつけることを説明します。
バイナリーオプションを利用して税金を払う場合、会社ではなく
個人になるので、ご自信で行なう必要があります。
基本では20万円以上の金額に達した人が確定申告をする必要があります。
バイナリーオプションの税金を安くしたいと考えている人は
必要経費としけ計上することをおすすめします。
バイナリーオプションで必要になるためのパソコンや、雑誌なども
その計上の対象となります。
バイナリーオプション取引で必要と感じたもので購入をしたら
領収書を貰っておく事をおすすめします。

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ