バイナリーオプション比較【初心者必見情報】
ハイローオーストラリア

国内バイナリーオプションの人気が高まる

今回の内容は国内のバイナリーオプションについてです。
ここではあまり国内バイナリーオプションのことについてはお話していませんでしたね。
しかし、最近国内バイナリーオプションの人気が高まってきています。
なので、みなさんにも知ってもらおうと思い、今回は国内バイナリーオプションいついてお話します。
まず、国内と海外のバイナリーオプションの違いはなんでしょうか。大きくわけて3点あります。

☞手数料が安い
☞最低取引単価が小さい
☞海外よりも安心感がある

この3点です。
1つずつ説明していきましょう。

バイナリーオプション国内

まず、海外バイナリーオプションよりも国内のほうが手数料が安いという点ですが、
海外と国内を比較したら国内は手数料がとてもやすく、0円という業者も多く存在します。
海外業者の場合、国内とは違って、初回の手数料を要する業者も存在しますので、
利用する際にはご確認下さい。

次に最低取引単価が小さいという点ですが、最低取引単価は業者ごとで変わってきます。
しかし、国内では海外業者よりも低く設定されているのです。
国内の場合、最低取引額の設定が50円からと、かなり低く設定されている業者もあります。
バイナリーオプション初心者の人にはありがたいですね。

最後は、海外よりも国内のほうが安心感があるという点です。
国内バイナリーオプション業者は勿論日本人に使いやすい仕組みになっていますし
サポートが日本語なのも当たり前。
海外の場合、英語表記の業者も存在しますので、英語が苦手という人には
利用しずらいかもしれませんね。
海外バイナリーオプションに不安がある人はまずは
国内バイナリーオプションから始めるのがいいでしょう。

国内と海外の特徴

ここからは国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの特徴について説明します。

国内バイナリーオプション特徴

☞海外バイナリーオプション
まずは海外バイナリーオプションからです。
バイナリーオプションと言うのは海外から日本にやってきました。
なので、国内のバイナリーオプションよりもなにかと豊富というのが特徴です。
取引の対象が通貨のみという業者は少なく、株式や商品、株価指数など、
取引銘柄が豊富なことが特徴です。
また、取引銘柄だけではなく、取引方法も海外バイナリーオプションは充実しており
国内バイナリーオプションと比べると、自由に取引をすることが可能です。
海外バイナリーオプションのメリットはたくさんありますが、デメリットももちろんあります。
あまり広まっていない業者だと日本語の対応がされていないという点です。
英語が苦手な人は利用が難しいでしょう。

☞国内バイナリーオプション
次は国内バイナリーオプションです。
海外バイナリーオプションと違い、国内バイナリーオプションは取り扱っているものが
ほとんど外貨を対象にしている業者が多いです。
判定のルールに関しても海外バイナリーオプションで取り扱われている二者択一が利用不可なので、
「ラダーオプション」取引を扱っている業者が多いようです。
国内と海外の最大の違いとしては、口座開設をする際に、本人確認は勿論、
バイナリーオプションについてどのくらい知っているのかという
「知識確認テスト」を行なわなければいけません。
国内バイナリーオプションは安全ということが売りの1つ。
海外バイナリーオプションとは違い、万が一の場合でもご自身のお金は
信託保全によって管理されているので、安心した取引ができます。

国内と海外の違いは大体理解していただけたと思います。
取引内容や銘柄が充実した方がいいと言う人は海外バイナリーオプションが向いているでしょう。
最近では海外バイナリーオプションも安心して利用できますが、
海外という事が不安な人は是非、国内バイナリーオプションを利用してみてください。

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ