バイナリーオプション比較【初心者必見情報】
ハイローオーストラリア

バイナリーオプションの国内と海外の違いはなにがあるのか

これからバイナリーオプションを始めようとする方が、最初に突き当たる壁は、
国内業者と海外業者、どちらを選べば良いのかという事や、つまり
バイナリーオプションに関して国内と海外の違いはどういったものがあるのか
という疑問でしょう。ですので今回はバイナリーオプション取引業者に関する
国内と海外の違いについてご紹介していきます。

バイナリーオプション国内海外の違い

まずは国内業者の特徴を見てみます。
国内業者の特徴として最初に挙げられるのは、少資金で取引を始めることが可能なことです。
国内バイナリーオプション業者の取引では、オプション(チケットともいわれます。)の
購入価格が最低で50円ほどから900円位までの間で購入できる仕組みになっています。
特徴の2点目は、サポートが充実している事ですね。
3つ目のメリットは、日本人にとって使いやすいプラットフォームやアプリが使える事。
そして、4つ目は最大の特徴なのですが、投資資金の安全性です。
日本の国内バイナリーオプション業者は、金融庁の監督下にあり、
顧客の資金の信託保全で保護されています。
では、海外業者の特徴はどういったものがあるでしょうか。

バイナリーオプションの国内と海外の違いは大きくある

まずは、その取引方法や取引銘柄の多様性があります。
もともと、バイナリーオプション取引自体が海外で始まった投資サービスでもあるので、
世界数十カ国でサービスを提供している会社もあるほどです。
それだけに競争も厳しく、顧客の獲得競争も激しく、
それぞれ特徴ある取引環境を準備しています。
他には、60セカンド等の超短期取引が利用できたり、さらには初回の入金に対して
ボーナスを提供する等、各社ともサービスに力を入れています。
これらが国内と海外の違いのあらましとなります。

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ