バイナリーオプション比較【初心者必見情報】
ハイローオーストラリア

バイナリー60の取引方法はなにがあるのか!

国内バイナリーオプション取引業者と比較した場合、海外バイナリーオプション取引業者の魅力は、
多彩な取引方法や銘柄など、自由度の高さを挙げることができるでしょう。
今回は、その海外バイナリーオプション取引業者の中でも、特に豊富で特別な取引方法を提供している、
バイナリー60の取引方法についてご紹介したいと思います。
バイナリー60が提供しているバイナリーオプション取引方法は7種類もあります。
それは、ハイロー、アバブビロー、ワンタッチ(ノータッチ)、 ワイドタッチ、
レンジ(イン・アウト)、ワイドレンジ、短期取引、以上の7種類となります。
それでは、それぞれの取引方法について見ていきましょう。

まずは皆さん良くご存知であろうハイローですね。
現在のレートに対し、判定時のレートが「上か下か」を予測する取引方法です。

バイナリー60取引方法ハイロー

次にアバブビローです。これは、バイナリー60を含め数社でしか提供していない取引方法なのですが、
現在のレートに対して判定時のレートが一定値幅以上離れたレートまで
「上昇するか下落するか」を予測する取引方法になります。

バイナリー60取引方法アバブビロー

3つめのワンタッチ取引は、判定時までに、設定されたレートに
「達するか達しないか」を予測する取引方法です。
「達する」の場合はワンタッチ、「達しない」の場合はワンタッチを使って取引を行います。
ワンタッチは、目標レートにレートがタッチした時点で取引終了(利益確定)となり、
ノータッチは、目標レートにレートがタッチした時点で取引終了(損失確定)となります。

バイナリー60取引方法ワンタッチ

4つめとなるワイドタッチは、取引時間終了時までに、設定されたレートに
「達するか達しないか」を予測する取引方法です。
通常の「タッチ・ノータッチ」取引と比べて、より現在値から離れた値幅
(タッチする可能性が低い=リターン率が高い)が目標レートとなります。
このワイドタッチの場合、目標レートにレートがタッチした時点で取引終了(利益確定)となるのは
ワンタッチと同じですが、ワイドタッチの場合は「ノータッチ」の取引はありません。

バイナリー60取引方法ワイドタッチ

5種類目のレンジ取引は、取引時間終了時のレートが、上下に設定された値幅の範囲に対して
「範囲内か範囲外か」を予測する取引方法です。
「範囲内」の場合は、レンジインを、「範囲外」の場合はレンジアウトを取引することになります。

バイナリー60取引方法レンジ

6種類目はワイドレンジです。
これは、取引時間終了時のレートが、上下に設定された値幅の範囲に対して「範囲外かどうか」を
予測する取引方法で、通常の「レンジ」より広い範囲(アウトの可能性が低い=リターン率が高い)に
目標レートが設定されています。
なお、このワイド・レンジはレンジアウトのみで、「イン」の取引はありません。

バイナリー60取引方法ワイドレンジ

最後に、短期取引で、この取引方法では、60秒、2分、5分いずれかの超短期での
ハイロー取引を行うことができます。
60秒の短期取引は、いわゆる「60セカンド」に該当します。

以上がバイナリー60が用意している取引方法のラインナップですが、
特徴的なのはアバブビロー、ワイドタッチ、ワイドレンジという取引方法ですね。
これらは、目標レートが離れている分、通常よりも高いペイアウト率が提供されています。
勘の良い方はもうお気づきかもしれませんが、アバブビローについては、
あの有名なハイローオーストラリアのスプレッドハイローと考え方は同じです。
離れている目標レートまでの間が「スプレッド」となり、
そこに入っていれば損失になるというものですね。
バイナリー60が人気なのは、そのスプレッドハイローと同様の考え方を、
ワンタッチやレンジにも採用し、ワイドタッチ・ワイドレンジとして提供している点にあります。
当然、このワイドタッチ・ワイドレンジともに通常のワンタッチ・レンジよりも高い
ペイアウト率が設定されていますので、ハイローオーストラリアで人気を博している
スプレッドハイローと同じような考え方で、ワンタッチやレンジ取引を使った、
高ペイアウトのトレードを組み立てることができるようになっています。
以上のようにご紹介してきたのが、バイナリー60での取引方法です。
これらの特徴的な取引方法を提供しているバイナリー60は、ワンタッチやレンジを得意としている
トレーダーにとっては、高ペイアウトを狙っていくのに有利な
海外バイナリーオプション取引業者となることでしょう。

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ