バイナリーオプション比較【初心者必見情報】
ハイローオーストラリア

24オプションが副業に向いてる理由

重要なお知らせ:24オプションは日本人向け新規口座開設停止となりました。

24オプションに付いて興味を持ち、閲覧してくださった方にはとても残念な結果となってしまいました。
24オプションが日本人向けの新規口座開設が2015年07/26を持ちまして停止となりました。

本記事に興味をもった方に対しては、24オプションに変わるような優良なバイナリーオプション取引業者として、500%のペイアウト率を誇るyバイナリーをおすすめしています。口座開設も簡単で戦略的な取引を実行に移せる環境はとても魅力的と言えます。yバイナリーに関する評価や基本的な取引環境についてはyバイナリーの評価ページを用意していますので、是非検討してみてください。

皆さんは、最近近所のスーパーなどで買い物をしていて「物価が上がったな」
と感じられた事があるかも知れません。

24オプション副業3つの要因

それもそのはず、現在では物価を押し上げている3つの要因が消費者を圧迫しています。
ひとつには言わずもがなの消費税。ふたつめには、消費税増税に便乗した値上げです。
このカラクリについて説明すると、消費税5%の時は、法令で価格表示は
税込みでなければなりませんでした。
しかし、増税後、政府はこの措置を廃止し、再び外税表記を可能にしたのです。
これがどのような悪影響があるかというと、消費税5%の時、300円だった商品が
現在298円で販売されていたりします。
一見して価格が下がっているように見えるのですが、実はこれは
増税便乗値上げがなされている典型例なのです。
消費税5%の時の300円の商品は、税込み表記なので、実際の商品自体の価格は285円でした。
そして現在298円で表示されている同じ商品は、レジに持って行った時に
消費税8%が加算され、321円になります。
この場合、消費税増税分で約8円、便乗値上げで13円値上がりしていることになります。
この「便乗値上げ」もただ単純に利益のためにやっているところもあれば、
次に挙げる最後の要因が原因でやむを得ず値上げしているところもありますので、
近所のスーパーの責任とは言い切れないところがあります。

消費税の外税表記許可についてですが、何故政府がこのようなことをしたのかというと、
増税時に、小売りを行っている企業から「増税して売り上げが下がったらどうしてくれるんだ」
とクレームがあり、このような対応にしたんですね。
つまり、我々庶民はぱっと見の値段で判断するから、外税表記を許可してしまえば、
増税への反発も減るだろうし、企業からのクレームにも対応できるから、
政府からすれば一石二鳥というわけです。
完全に消費者を馬鹿にしているとしか思えません。

最後の要因は円安です。現在日本円の価値がどんどん下がっています。
財布に入れているだけでお金の価値が実は減っていってるんですね。
USDJPYをトレードしている方ならもちろんご存知でしょうが、
この影響が我々庶民の生活にも影響してきています。
例え国際市場での原油価格が変動していなくても、円安の影響でガソリン代はどんどん高くなります。
輸入食品の価格も上がり続けます。
国内の農産物も、肥料価格等が上昇しているので、野菜や果物も高くなります。
漁業も燃料の高騰で廃業する漁師さんが増えています。

そんなこんなで、昨年と比べても、大分物価が高くなりました。
それにひきかえ、皆さんの給料・収入は上がりましたか?最初の例からすると、
昨年より収入が7%増えていないと、生活がその分苦しくなっているはずです。
昨年給料が30万円だった方は、今年は32万円以上もらっていないと、おかしい計算になります。
しかし、「給料が下がった」「リストラにあった」という声に比べて、
「給料が上がった」という声が聞こえてくるのは非常に少ないですよね。
そしてこの傾向は、すぐに終わるものではなく、今後長く続くことが予想されています。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、このような状況で、
自分や家族を守っていくためには収入を増やしていかなければなりません。
そのために行うのが、バイナリーオプション取引なんですね。
今回は、現在の状況に対応するためのベストパートナーとなりうる、
24 オプションを利用してのバイナリーオプション取引を副業としていくことの
利点についてレポートしたいと思います。

24オプション副業4つの理由

24オプションでのバイナリーオプション取引が副業に向いている理由というのは
大きく分けて4点あります。それぞれについてご説明していきますが、
まずはじめに、ペイアウト率が良いこと、これですね。
24オプションは、海外バイナリーオプション取引業者の中でも最大手といわれる規模を誇り、
本拠地をタックスヘイブンに置いていることからも、その資金力が高く、
その分顧客に有利なペイアウト率を提供してくれています。
高いペイアウト率は、そのまま副業の利益に直結しますので、最も重要な要因です。

2点目は、30セカンド取引が可能なこと。会社勤めなど、別の仕事を持っている人にとって、
副業に割ける時間というものは限られていますよね。
ですので、トレード自体も短時間で可能なことが求められます。
30セカンド取引ができるということは、現在の主流である60セカンドの
半分の時間で済むということになります。
トレード自体の時間が半分になるだけでなく、一般に投資の世界では近い未来ほど予測がしやすい、
といわれていますので、トレード判断もその分効率的になる、つまり準備の時間も短くなるわけです。
ですので、副業としてバイナリーオプションをする場合は、24オプションのように、
30セカンドを取引方法として採用している業者を選ぶことが有利になってきます。

理由の3つめは、24オプションオリジナルの「プロフェッショナル・シグナル」という
情報ツールが無料で利用できること。
これはバイナリーオプションのレートの値動きをロジックにも基づき情報を解析し、
利用者にどちらの方向性でオプションを購入すべきかを提示してくれるものです。
副業としてトレードする方は、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析について時間をかけて勉強し、
しかも毎日の国際情勢やニュースを理解して、市場のトレードに落とし込んでいくことは難しいです。
しかし、この「プロフェッショナル・シグナル」を使うだけで、相場環境の認識や
トレードチャンスの発見が容易にできるようになるので、副業トレーダーの時間の節約と
勝率アップに貢献してくれるのです。

最後の理由は業者の信頼性です。副業としてバイナリーオプション取引をする以上、
資金を失ってしまっては本末転倒ですよね。
海外バイナリーオプション取引業者の中には、業績が悪化し、顧客の資金を経営に回してしまった、
もしくは詐欺的に資金を流用した、という事実が悲しいことですが実際にありました。
ですが、24オプションはまず、信託保全制度(企業が倒産しても顧客の資金は保護される)
を採用していること、出金についても確実で、ネット上でも多くの出金報告が上がっていること、
さらには、ヨーロッパの名門サッカーチームのユベントスとも公式スポンサー契約を結んでおり、
これらのことが企業の信頼性を高めています。
海外バイナリーオプション取引業者の中でも、24オプションほどの
信頼性を誇る業者は他にないといっても良いでしょう。
以上が、24オプションを利用して副業としてバイナリーオプション取引を始めるメリット、理由です。
メインの収入と、バイナリーオプションの副業収入、これらを組み合わせて、
これからの厳しい時代に備えていきましょう。

24オプション

上級者向けの比較結果24オプション
世界最大規模と言われる、海外業者。
バイナリーオプションでも、とても人気の業者で、
サービスを比較すると多く、取引方法や銘柄が豊富で楽しめる。
上級者向けの海外業者です。

24オプション公式サイト

感想・コメントをお願いします

サブコンテンツ